2X4材でミニログハウスを作る(ログの組上げ1)

使用する木材の選定

今回より、いよいよログの組上げ開始です。
使用する木材ですが、当初は2×6材を使う予定でしたが、(幅が広い方が組上げる本数が少ないので早く出来る)価格を調べると、12フィート(3658mm)の物で2×6(38mm×140mm)は1,350円、2×4(38mm×89mm)は698円と幅は約1.57倍なのに、価格は約1.93倍になります。
ローコストを目指す当方としては、手間が増えてもコストの安い2×4材を使用する事にしました。

ログ材の本実加工

ログ材には本来、本実加工が必要です。当然2×4材にはそのような加工がされている物は無いので、自分で加工する為に、BOSCH(ボッシュ) パワートリマー PMR500を購入しましたが、この様なハンドツールで
本実加工するには非常に時間が掛かる事が判明しました。単純計算でも12フィート(3658mm)の材を1本加工するに約15分掛かり、加工する本数は120本を超えます。ここから時間計算すると30時間以上掛かる事がわかりました。しかもこのパワートリマーは重く(2.46 Kg)手作業での本実加工は非常に難しいです。以上のような理由で本実加工は諦めました。

本実加工無しのログ組

そもそも何故、本実加工が必要なのかと言えば、木材は時間が立てば収縮して合わせ面に隙間が出来るのを防ぐためです。又、横ずれを防止する為でもあります。
そこで本実加工の代わりにログ組としては邪道ですが、隙間防止にはコーキング処理、横ずれ防止とログ材のより強い結合に120mmのコーススレッドを使用する事にします。打ち込みは900mm間隔で行い上面から20~30mm深くねじ込みます。
又、通しボルトも使いより頑強にします。

木材の搬入

いよいよ作業工程も決まりましたので2×4材を購入してログ組に掛かります。
配送を依頼すれば当然料金が掛かりますので自分で運びます。幸い仕事で使っている車に梯子を積むためのルーフキャリヤが有りますので梯子を降ろしてそこへ積みます。
一度に運べる量は50本位ですのでログ組の進み具合で3回位に分けて運びます。

こんなにルーフキャリヤに積んで大丈夫かと思うかもしれませんが、計算上では、キャリヤバー1本で耐荷重75Kgで4本付いていますので計300Kgまでは大丈夫だと思います。
2×4材は12フィートで重量約6Kgですので50本で計300Kgと丁度同じになります。
尚、この計算は当方独自の物ですのでメーカーの推奨とは異なります。従って作業は自己責任で行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください