2X4材でミニログハウスを作る(床工事)

床工事

屋根工事も無事に終わり、次は床工事に掛かります。
先ずは、床下は土の地面のままなので湿気が上がって来ないように床下防湿シートを貼るのですが、勿論専用のシートを使うつもりでしたが、ふと見ると雨仕舞に使っていたブルーシートが6枚目に入り(当初普通の安い物を4枚使っていたのですが、薄いので破けてはいないのですが目地が広がって水が漏れるので厚手のシート2枚に変更しましたので多くなっています)当然屋根が出来きて、お役御免ですので、防水出来るなら当然防湿出来るので防湿シートの代わりにブルーシートを使うことにしました。
目地の広がっている所が重ならないように3枚重ねにします。
シートの押さえには隅には半ブロックと基礎工事の時にカットしたブロックの残りを使い、中の方は束石のコンクリート平板を6枚置きます。
話が前後しますが、シートを敷く前に地面は平らに均して有ります。

次に下地の床板を張って行くのですが、当初根太レス工法で大引に直接張る予定でしたが、鋼製束で大引を支えてから、実際に構造用合板の12mmを2枚重ねで置いて見たのですが、その上に乗って見るとかなりたわんでしまい、更に3枚重ねしても、たわむ感じがしますので、急遽657mm間隔で2X4材をシンプソンLUS24ダブルシェアハンガー金具を使い補強しました。
これで合板を乗せてもたわまなくなりましたので床板を張っていきます。

とりあえず奥の3帖分を張り終えたところ。今日は日も暮れて寒くなって来たのでここまで。

11月に雪が降る!
今日は仕事でしたが、なんと雪が降って来ました。

翌日、雪が積もる寒い中、床の下地材を張り終えました。
構造用合板の12㎜を千鳥張りで3枚重ねです。
これで上に載っても撓む事無く頑丈な床が出来上がりました。
奥に見えるのは、気の早い愛妻がリサイクルショップで買ってきた机と椅子です。他に置く場所が無いので置かれてしまいまいした。

ロフト床工事

9mmのOSB合板を2枚重ねで張ったロフト床の仕上げに12mmのフローリング材を張って行きます。
フローリング材の貼り方はネットで検索すれば色々出て来ますのでそちらを参照してくださいね。

今回購入した部材一覧

コンクリ平板 6枚 1,548円
針葉樹構造用合板3X612mm 6枚 6,000円
アウトレットフロア材(1坪) 6箱 26,880円
鋼製束285mm 6本 2,388円
コニシ速乾ボンド G10Z 1Kg 1,280円
SPF2×4×6F 8本 2,784円
コーススレッド 298円
パイオラン養生用テープ 50mm 2個 496円
パイオラン養生用テープ 25mm 4個 712円
フロアー釘 498円
釘 798円
以上カインズホームにて購入。
SPF1×4×6F 12本 2,332円
以上スーパービバホームにて購入。
シンプソンLUS24 DSハンガー金具 24個 1,800円
以上ジョイフル本田にて購入。
合計47,814円
ここまでの累計322,814円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください