2X4材でミニログハウスを作る(屋根工事)

屋根工事

小屋組も終わり次は屋根を貼って行きます。
当初の予定では、垂木に野地板を貼り、ルーフィングペーパーを敷きアスファルトシングルで仕上げる通常の方法を考えていましたが、カインズホームで発見した屋根材(オンデュリン クラシックシート)、元々は屋根のリフォーム用の様だが、作業性、耐水性に優れており、コストダウンにもなるので、これを使用する事にしました。これを使えば、野地板及びルーフィングペーパーを省略する事ができます。(屋根上のはしごは作業用にL字方に組んで使用しています。)
詳しい作業方法はこちらをご覧下さい。オンデュリン クラッシックシート 施工ガイド

施工ガイドには書いていないのですが、軒桁と屋根材の間に専用のパッキンを入れて隙間を塞ぎ風や虫が入らないようにします。(上の写真、右側に少し見えています。)

屋根材の張り終わり。固定はコーススレッド75mmを専用のネイルキャップを使い防水性を確保します。

袖部の処理は施工ガイドにあるようにクラッシックシートの端を破風板に沿って折り曲げてねじ止めします。柔軟性があるので簡単に曲げられます。

大棟部の処理方法は施工ガイドに無かったので、独自の方法として、棟カバーを10cm位長く出し、中央部をカットして折り曲げ、更に余計な部分もカットしました。合わせた部分はコーキング処理で防水します。

これで屋根工事も終わり、雨が降っても作業が出来る様になりました。

屋根裏断熱工事

次は、屋根裏に断熱材を貼って行きます。

使用するのは、スタイロフォームIB 40mmを使います。垂木と垂木の間のサイズにカットしてはめ込みます。はめ込みやすい様に少し斜めにした木材にカッターの刃をねじ止めしてカットして行きます。

全部で8枚のスタイロフォームをはめ込み完了した所。母屋と垂木に数ヶ所コーススレッドで仮止めしてあります。

普通ベニヤ板で天井を貼って行きます。サイズは910×1820×3mmを8枚使用します。縦方向は垂木にねじ止めして、上部は1×4材で固定します。

これで屋根回りの工事は完了です。

今回購入した部材一覧

クラシックシート12枚 22,760円
クラシックシート用 パッキン 24本 4,752円
ネイルキャップ(40個入) 9個 4,932円
コーススレッド 4箱 1,882円
シリコンコーキング 3本 684円
コーキングガン 178円
SPF2×4 12F  648円
SPF2×4 6F 5本 1,490円
以上カインズホームにて購入 計37,326円
クラシック棟カバー6枚 8,880円
スタイロフォームIB 40mm 8枚 12,640円
普通合板3×6 3mm 8枚 5,184円
SPF1×4 8F 2本 760円
以上ジョイフル本田にて購入 27,464円
合計64,790円
ここまでの累計275,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください